スキンケア選びのポイント~保湿成分編~

投稿者:

ここでは、敏感人肌の人におススメしたいスキンケアの原材料に対して解説したいとおもいます

どんな原材料が入っているのが良いのかを知る事で、スキンケアグッズを買入する支援になるかとおもいます。

色々な敏感人肌を対象としたケアグッズが売り出しされている中で、選択するのは自分自身です。

迷われる事も沢山かとおもいますので、そういった時にこちらを参照にしてみて下さいね。

まずは、保湿原材料に対してご紹介します。

大体、保湿効力があるとして化粧水に使われている原材料は15種別程です。

この中だとしても敏感人肌の人におススメな原材料が有りますので覚えて下さいね。

●重大な保湿原材料●まず、化粧水やクリームなどのスキンケアを選択する時には、以下にご紹介する働きを一連の流れでケアしてくれる生産品を選択する事が重大です

1.角層に潤いとなる原材料を補う2.外装に保湿原材料をのせる3.油分でフタをおこなうこの3つの働きをしてくれる原材料が含有されているのかを確認する事が重要です。

理由は、乾き人肌を防ぐ為には、人肌の奥深くの角層に存在している細胞間脂質の保湿原材料を十分に補う事が不可欠だからです。

ですが、化粧水が届くのは表皮までです。

ですので、奥深くの保湿が低下しないうちに、外装の人肌の保湿をちゃんと補って逃げないようにフタをおこなう事が求められます

この働きをしてくれるのが3つの原材料です。

●セラミド●細胞間脂質の4割くらいがセラミド

ですので、このセラミドを人肌に浸透させない事には保湿は望めません。

外からの刺激から人肌を守る働きと共に、表皮細胞を繋ぎ合わせる事で、水分を閉じ込める原材料になります。

●ヒアルロン酸●皮膚の外装を覆う膜としてセラミドの働きを支援してくれる原材料。

1gだとしても約6?という水分を蓄えてくれる優秀な保湿原材料です。

●エチルヘキサン酸セチル●正式名前は、2-エチルヘキサン酸エチルです。

人肌をソフトにしてくれたり、適度な潤いを与えてくれる他にも、外装にフタをしたケースでは言う皮脂膜の使命も果たしてくれます。

この3つの原材料にトピックして生産品を選定してみて下さい。

敏感肌の原因は洗顔?洗い方を見直してみましょう①

敏感人肌で悩みを抱えている人のなかには、洗顔やクレンジングによって皮膚が敏感になってしまっているケースが有ります。

今までのケアを見直す事で改善するケースもあるので、ここで一度自分の洗顔やり方・クレンジングやり方を見直してみましょう。

●皮脂の使命●そもそも私たちの人肌や毛髪は、毛穴の中の皮脂腺と呼ばれる立地から放出されている皮脂によって覆われています。

これを皮脂膜と言いますが、皮脂膜は通称”天然のクリーム”とも呼ばれており、保湿や保護というシステムを果たしています。

1日に1~2gくらい放出されている皮脂、これが顔の洗い過ぎや刺激の強いクレンジング剤等を使用する事によって、過剰に取り去られてしまう事で人肌が乾き、そして少しの刺激だとしても過敏に反応してしまう敏感人肌へと変化していきます。

●人肌が乾きしたケースでは●敏感人肌の人は、上述したように皮膚が乾きしている有り様です。

ですので、皮脂の放出量自体が少なくなってしまい、常に保湿が足りず乾きしてしまいがちな状況になっているといえるので、ちょっとした刺激だとしても過剰に反応してしまうという見込みが有ります。

そういった中で刺激の強いクレンジング剤を使用して、強い力で人肌をこすったり洗い流す・ティッシュやコットンで必要とされる以上に力を入れてふき取ってしまうなどの行為は、敏感になっている人肌には悪影響で、より一層悪化してしまいます。

敏感人肌の人に必要なスキンケアの第一歩は、人肌への負担がわずかスキンケアを施すという事が重大になります。