敏感肌の原因は洗顔?洗い方を見直してみましょう②

投稿者:

●クレンジング剤●では、どういったクレンジング剤を選べば良いのでしょうか。

クレンジング剤の中には界面活性剤が入っている物と入っていない物が有ります。

当然人肌への負担をかんがえるのであるのなら界面活性剤が入っていない物の方がおススメですが、油性のメークUP料を水分となじませていく為には必要なものです。

ただし、その量に忠告する必要が有ります。

界面活性剤が多ければ、その分落とす力も強いという事ですので、汚れ以外にも皮膚を健康に保つ上で必要な皮脂までを過剰に取り去ってしまうので、量には気を付けて選定していく事が重要です。

【シートスタイル】シートスタイルのクレンジングも売り出しされていて、よくCM等だとしても容易に落とせるという事で大好評が出ていますが、そもそも”ふき確保する”という行為自体が、敏感人肌の人にとっては刺激となってきます

界面活性剤の量は、洗い流すスタイルと比べるとこのシートスタイルの方が沢山です。

クレンジング剤は、人肌にあてている時間を短くする事が重要です。

メークとなじんだなと感じたら素早急に洗い流す事で、皮膚の刺激を少なくおさえる事が出来ます

ですので、敏感人肌の人は洗い流すスタイルのクレンジング剤をおススメします。

どうしてもシートスタイルを選択したい人は、優しくメークを取った後に、落としきれていない化粧をそのままにしないよう、洗顔し直す事をおススメします。

メークを残ったままにしておくと酸化の原因となってしまうので人肌にはよく有りません。

【人肌への刺激の順】クレンジング剤の刺激の強さは次の記事を目安に参照にしてみて下さい。

敏感肌の原因は洗顔?洗い方を見直してみましょう③

上が弱いもので下へ行くほど刺激が強いクレンジング剤です。

・クレンジングジェル(水性)・クレンジングミルク・クレンジングクリーム・クレンジングジェル(油性)・泡クレンジング・クレンジングオイルリキッド・ふき取りスタイル個々に特徴があり負担も違うので、自分に合うものを見極めていく事が重大です

例えばクレンジングオイルを使用していて、人肌が突っ張った感覚がしたり赤みやかゆみ等があったケースには、人肌に合っていない見込みが有ります。

そういったケースには、それと比べると刺激のわずかクレンジング剤を使用してみたりと、生産品を変化させて様子を見ていって下さい。

それだとしても、界面活性剤がどうしても気になっていて出来ることなら使いたくないと思っている人は、界面活性剤を使用していないクレンジングや洗顔料も有ります。

界面活性剤といっても石油系だけでなく、自然由来の界面活性剤を使用している品物もあるので、そういった刺激のわずか物を選定していくのが良いでしょう、。

他にも、軽いメークをしたケースには、クレンジングは使わないで石鹸だけで洗顔するのみに留める等、人肌への負担を少なくする機会を意識的に作っていく事も重要です。

そして、忘れてはいけないのが洗顔後の保湿。

原材料としては、セラミド・アミノ酸・ヒアルロン酸等が含有されてる化粧水等で保湿を十分に行なう事がすさまじく重要です。

植物性エモリエントの原材料が入っているスキンケアも保湿効力が優れているのでおススメです。