敏感肌の原因は洗顔?洗い方を見直してみましょう④

投稿者:

クレンジング剤のポイントをお伝えした後は、重要な洗顔のやり方を解説したいとおもいます。

敏感人肌になっている人は、使用しているスキンケアの原材料が刺激となって人肌に表れているケースもあるのですが、洗顔の手法によって人肌への刺激が発生し、敏感人肌になっているケースも有ります。

一度、自分の洗顔を見直して人肌を傷めていないか確認してみて下さい。

ゴシゴシと自分自身で思っている以上に力を加えて洗ってる事が有ります。

強い摩擦は人肌への負担になり、必要な原材料まで洗い流してしまいます。

整然洗顔の手法をこの機会に覚えていきましょう。

●人肌に優しい洗顔の手法●まず初めのポイントは、クレンジング剤をよく泡立てる事です。

汚れが落ちるしくみは、泡の外装張力によってメークやほこりなどの汚れを包み確保するというやり方です。

ですが、多くの方が人肌に石鹸をこすりつける事でメーク等を落としていると思っています。

ですので、濃いめのメークをした時や急いでいる時等には、おもわず手に力がこもって人肌にこすりつけてしまい、摩擦が起こってしまいます。

こんなようでは皮膚への負担が大きくダメージも受けてしまう事になります。

ですが、落とすしくみは先ほども解説しましたが、泡の外装張力です。

外装張力という事は、手と顔の皮膚は触れ合わないという事。

感触としては、泡の上からそっと押すだけ、または泡でごく弱くマッサージするだけで皮膚の汚れは綺麗に落ちてしまうのです。

実に?と疑っています程、顔にかかる圧力は弱いのです。

敏感肌の原因は洗顔?洗い方を見直してみましょう⑤

タオルで拭く時もごくごく弱く、ごしごしとふき確保する感覚ではなく、ソフトな質の高いタオルで軽く顔をおさえる感覚で水分を取っていきます。

●おススメ石鹸●こうした事を踏まえて、敏感人肌の人におススメな石鹸はずばり、固形石鹸です。

固形石鹸の良い所は、液体状のものと比べると泡立つところ。

そして、界面活性剤ではなくて、石鹸原材料の泡だちですので、刺激がわずかというところです。

よく固形石鹸は泡立てにくい・泡立つまでに時間が掛かるという声が聴かれますが、そういった方は泡立てネットを使用してみて下さい。

100円ストアーだとしても手に入る泡立てネットで構いません

ネットを使用すると、あっとい間にキメの細かい泡が出来上がります

使用する際のポイントをあげるとするならば、加える水分の量を調整していくと良いでしょう。

初めから多めに石鹸と水を合わせてしまうと、1つ1つ泡も大きめな物になってしまい、直ぐにしぼんでしまいます。

こんなようでは、外装張力を応用する事が出来ないので、水分は少な目にして、泡立ちがよくないと感じたら、少しずつ水を足していくようにして下さい。

これでキープ性のある泡が出来上がるので、その泡を皮膚にのせて優しく手のひらを動かしてマッサージするように洗顔していきましょう。

ゴシゴシと力が参加してしまうと、その刺激でシミの原因となるメラニンが増加してしまい、人肌の色素が濃くなっていってしまいます。

こんなようでは本末転倒ですので気を付けて下さい。

中々自分に合うスキンケアグッズを見つける事は難しいですが、日々使用するものです

お試し品を貰って試してみる等して、マイ最良なスキンケアグッズを見つけていきましょう。