敏感肌のメカニズム。まずは自分の肌の状態を知ろう①

投稿者:

近頃、スキンケアで”敏感人肌用”という言葉が見られるようになりました

敏感人肌の人におススメな化粧品や敏感人肌に特化した品物のみを開発・品物化している作製専門業者も増加しています。

特設コーナーを設定しているドラッグストアもあったりと、今敏感人肌で悩みを抱えている人や、人肌に優しいスキンケアを望んでいる人が沢山という事が見受けられますね。

ちなみに、敏感人肌というのは病名では有りません。

あくまで、人肌の有り様を指しているので血液検査をしたとしても、数値として健康な人肌との区別が出来るという訳では有りません。

人肌トラブルの1つとして敏感人肌という言葉が使われているで、近頃では馴染みある言葉として世間一般に浸透しています。

そういった敏感人肌、一体どういった人肌の有り様のことをいうのでしょうか。

スキンケアをしていくにも、自分の人肌の有り様をちゃんと把握してからケアをしていく事で、自分にとって適切なスキンケア品物を選択する事が出来ます

敏感人肌で悩みを抱えている人、近頃人肌あれ等が気になっている人にも参照になる話しをしていきたいとおもいます。

●敏感人肌●敏感人肌というのは、人肌が荒れてしまったり、赤みが出てしまったりと、人肌がピリピリしてしまったりと、通例の人では人肌のチェンジがないような状況だとしても症状が出現てしまう有り様を言います。

所謂、人肌のバリアシステムが損なわれてしまっている有り様です。

ですので、外部からの刺激が一定グレードの有り様だと、ブロックしてボディーを保護していたものが、その保護が出来なくなってしまったが故に、刺激がボディーの中へと入り込んでしまうのです。

敏感肌におススメな基礎化粧品の選び方

ここでは、敏感人肌の人におススメな化粧品の選択法やポイントを解説していきたいとおもいます。

敏感人肌を改善していくには、外からのケアの他にも内部からのケアが欠かせません。

願わくはスキンケア以外にも、併せて内部からのケアをしていくようにしましょう。

●基礎化粧品選びのポイント●敏感人肌というのは他の記事だとしても解説しましたが、外からの刺激によってかゆみやヒリヒリとした刺激を過剰に感覚てしまう人肌の事をいいます。

これが皮膚が元来もっているバリアシステムが低下してしまっている事が主な原因ですが、このバリアシステムの低下を誘発する契機は、元々の体質のケースと、年齢や生活習慣・お手入れやり方等によって引き起こされる事の方が沢山です。

バリアシステムは、加齢や乾き・食習慣や生活習慣の乱れ・スキンケアが適切でない事によって、潤いをキープする原材料が節減してしまい弱っていきます。

特に見過ごせないのが、角質層の水分量です。

角質層の水分のなかで、約50%ほどを占めるのがセラミドなどのような角質細胞間脂質と呼ばれるものです。

ですので、まず敏感人肌の人は、このセラミドが多く含有されている基礎化粧品を選択するのがおススメです。

そして、人肌のバリアシステムが低下したケースでは少なくなってしまう原材料が、コラーゲンやヒアルロン酸。

これらの原材料も含有されている基礎化粧品を使い続けると、より健康的で弾力のある人肌へと戻す事が望めるでしょう。

化粧品のスタイルも、さらさらスタイルと比べるとしっとりスタイルやこってりとしたクリーム・ワセリイ系を選んだ方が効力が高いのでおススメです。

また敏感な度合いが高い人ほど、原材料がシンプルなものを選択しましょう。

多ければその分、反応を起こす見込みも高まります。

水を付けただけだとしてもヒリヒリとした刺激を受けるほどの重い敏感人肌の人は、その有り様が改善するまでは、ワセリンの塗布のみが最良です。