敏感肌のメカニズム。まずは自分の肌の状態を知ろう②

投稿者:

ですので、化粧水をつけるとピリピリと沁みる感覚がしたり、有り様がひどいケースには、髪が触れただけだとしてもかゆくなってしまったりする症状が出現たり、スキンケアに含有されているお酒に反応して、皮膚がかぶれ赤くなるという症状が出現たりします。

この症状が出る契機は、化粧品以外にも強い洗剤であったり、衣服が原因で起こったりと色々です。

他にも、近頃では心理的いらいらや食習慣・住んでいる環境要素によっても人肌が敏感な方へと傾いてしまう人が増加しているのが現状です。

●原因●では、どうして人肌が敏感になってしまうのでしょうか。

原因の一つとしては、花粉やアレルギーといったケースが有ります。

アレルギー症状として鼻がムズムズしている人も、実はその鼻の症状だけでなくて、ボディー全身がアレルギーを起こし易い有り様になっていたりします。

それ以外にも、ボディーの一か所に傷が出来たケースだとしても、全身が炎症を起こしてしまう・起こし易い有り様になっているケースがあるので、お勤めで疲れていたり等、何かの拍子にボディーが反応を示してしまうという事も有ります。

化粧水などのスキンケアが間違っている・適切でないケースや、栄養失調が原因となるケースも有ります、。

こうした色々な原因によって、外部からの刺激に対して反応を受けやすくなり、人肌が乾き、そして敏感人肌へと人肌の有り様が酷くなっていくという訳です。

それでは、このなかで間違ったスキンケアと栄養失調となるフードに対して、より詳しく見ていきましょう。

スキンケア選びのポイント~バリア機能編~

人肌のバリアシステムを高める事も、敏感人肌のケアにとってはすさまじく重要な要素。

そういった美容原材料は約5種別有ります。

●バリアというのは●皮膚をバリアしてくれる使命には、皮脂膜の1次バリアと角層の2次バリアに分かれます。

皮脂膜では、皮膚の外装をラップみたいに覆い、水分が逃げないように保護する使命があり、角層では、角質細胞の隙間箇所を細胞間脂質がスクラムを組んで、異物から人肌を守ったり、水分が逃げにように守っています

このスクラムをラメラ構造といいます。

敏感人肌の方は、このバリアシステムが低下しているので、このシステムを向上・改善し、外からの刺激に対しても抵抗していく力を高める必要が有ります。

それに必要なのが、細胞間脂質の原材料の40%を占めているセラミドの補給とラメラ構造の再構築です。

そこで有効とされる代表的なものが、以下の3つです。

●コウキエキス●色々な炎症を抑制し、人肌のトラブルを軽減してくれる他に、メラニンの生成も抑えてくれる原材料です

炎症を克服してくれる事で、バリアにダメージを受けるのを防いでくれます。

結論、バリアシステムが弱まって行かないように支援してくれる原材料という事です。

●ベンナイト●このベンナイト単体では、皮脂であったり汚れを取り除いてくれる効力という事で、特にな美人肌の効力は期待出来ないのですが、こちらはセラミドと合わせる事で人肌の外装を覆っている保湿の膜として働いてくれるという艶やかさ的な原材料になります

●ラフィノース●この原材料も期待が出来る原材料で、ラメラ構造が安定するようにと支援してくれる働きが有ります。

外からの刺激に対しての抵抗力を高める事で、美しい人肌へとチェンジしていきます。

配合原材料を願わくは見てみて下さいね。