スキンケア選びのポイント~アンチエイジング編①~

投稿者:

アンチエイジングとして化粧品に使用されている主な原材料は、保湿原材料・バリアシステムの原材料に比べても、30種別以上と種別が一番沢山です。

そういった中で、敏感人肌の人におススメな原材料が当然有ります。

願わくは参照にしてみて下さい。

人肌の老化を進めてしまう原因は、紫外線・乾き・血行不良・ホルモンバランスの乱れ・糖化・活性酸素の6つです。

これらの因子を1つ1つ取り除いていく事で、老化を遅らせていく事が出来ますが女の人が求めているアンチエイジングというのはそれだけでなく、パッと見の年齢を若返らせたいという意義が含有されています。

ですので、ここでは乾き人肌のケアであっても、人肌のシミやシワ・たるみなどのトラブルをいっしょに克服していけるようにとアンチエイジングも同じ時にかんがえていきます

年齢人肌が気になってくる原因には老化だけでなく、人肌のバリアシステムが弱っていて、ダメージを受けているという事も関係しています。

敏感人肌をケアしていきながら、生き生きとした人肌を目指していきましょう

●糖化●老化の原因としてポピュラーなのが、活性酸素。

聞いた事のある人は沢山かとおもいますが、近頃トピックされているのが、糖化です。

グリケーションとも呼ばれています

糖化というのは、タンパク質と糖がくっついてAGEsという糖化生成物という異常たんぱく質が生じていまう現象の事を言います。

年を重ねていくと人肌が黄色っぽいような感覚になり透明感を段々と無くしていきます。

この原因が糖化ですのです。

スキンケア選びのポイント~アンチエイジング編②~

若い頃は、ターンオーバーで人肌の新陳代謝が活発に行なわれるので、糖化したたんぱく質は少しずつ押し出されていき最後には外へと出されます。

ですが年を重ねていくと、このターンオーバーが遅くなったり崩れやすくなるので、糖化したたんぱく質であるAGEsは段々と蓄えられていってしまうのです。

この克服策は、糖化していないコラーゲンを新しく創る事と、ターンオーバーを再び活発化することによってAGEsを体外へと押し出す事になります。

ですので、乾き人肌のケアを行ないながら同じ時進行でこのアンチエイジングを行ない、パッと見年齢を若返らせていく効力のある原材料を含有している生産品を選択していくのがおススメです。

●CVアルギネート●この原材料は繊維芽細胞に直接働きかけて、新しいコラーゲンを作ってくれる、すさまじく艶やかさ的な原材料です。

人肌のハリや弾力を取り戻すと共に、たるみやシワを防いで若々しい人肌へと導いてくれます。

そして、真皮内のコラーゲンを増やしてくれる唯一最大のケアやり方です。

●トコフェロール●ヒドロオキシラジカルという、活性酸素の中だとしてもずば抜けて酸化力が高いと言われている酸素を、綺麗に跡形もなく消し去ってくれる原材料です。

細胞が老化していくのを防いでくれる、力の強い抗酸化物質。

願わくはこちらの原材料も入っているか確認してみましょう。

●EGF●EGFは、細胞分裂を促してくれる原材料で、人肌のターンオーバーを活発化させてくれる効力が有ります。

くすみのない人肌へと生まれ変わらせてくれます。

どれも艶やかさ的な原材料ですね。

異常、保湿原材料・バリアシステム・アンチエイジングで乾き人肌の方におススメな原材料をご紹介しました。

使い続ける事で、人肌の新陳代謝が生まれ変化していきます。

願わくは持続してこれらの原材料を人肌へと与えてあげて下さい。

ここで、違う話で、9月20日は「お手玉の日」競技大会もある!座布団型お手玉で予防も?・kirako-style.comというところで9月20日は「お手玉の日」競技大会もある!座布団型お手玉で予防も?の情報が掲載してあったんです.

9月20日は「お手玉の日」競技大会もある!座布団型お手玉で予防も?についてのことは気になっていたので、調査してあったんです。

9月20日は「お手玉の日」競技大会もある!座布団型お手玉で予防も?の話題はこれからです。なっとくできたらこんどブログにしたいと思います。